標 識

標識には様々な種類のものがあります。

普段何気なく眺めている標識も1つ1つには、重要な意味があり無意味な標識はありません。

道路標識は、道路の機能を十分に発揮させるうえで欠くことの出来ない施設であり、道路交通の状況に応じたえず見直され、適正な整備水準が確保されています。  交通の安全と円滑な運行を図るために設けられるが、なかでも案内標識は運行する車両や人を、目的地に誘導する大切な役目を果たすものです。

 従って設置する区分や場所、その他必要な事項は「道路標識、区画線および道路標示に関する命令」に基づいて設置するように定められています。

 道路標識は、道路利用者に対して一定の様式化された方法で、案内、警戒、規制又は指示の情報を提供することにより、道路における交通の安全と円滑な運行を図っています。

 

 

 


案内標識:警戒

標識:規制標識:

指示標識

現在、道路標識は道路における交通の安全と円滑な運行を図るとともに、道路構造を保全することを目的としている。道路標識は路面標示や信号機と有機的あるいは補助的に設けられる、道路交通の安全施設であり、案内、警戒、規制または指示の情報を道路利用者に提供することである。利用者は道路標識に従い正しい通行をしなければならない。

 


視線誘導

夜間・降雨・濃霧時に視線誘導で交通安全のお役に立ちます。

 反射タイプから、太陽電池を利用した自発光式のタイプまで様々な種類があります。

 

 


標識管理システム

 

 

光源にLEDを使用・配線工事不要・電気代ゼロ・CO2排出ゼロで地球温暖化防止し自然に優しい照明灯